本文へジャンプ
PROFILE

高崎市生まれ。幼少よりピアノ、作曲を学び、15歳の時自作のコンチェルトを梅田俊明指揮群馬交響楽団と共演、好評を博す。第1回榛名梅の里音楽祭&日本の歌スプリングセミナー優秀伴奏者賞受賞、東京文化会館新進音楽家デビューコンサート等に出演。東京藝術大学卒業後、群馬県新進芸術家海外派遣事業派遣員として渡欧。ドイツ・リューベックにて、イタリア系アメリカ人ピアニスト、ジェイムズ・トッコ(James Tocco)氏に師事。リューベック音楽大学を最優秀の成績にて卒業。北ドイツラジオ放送出演、第2回盛岡青少年国際ピアノコンクールグランドカテゴリー部門第3位、パリにてショパン没後150年記念リサイタル、ワイマール・リストフェスティバルなど各地の音楽祭で演奏。東京藝術大学大学院修了。2001年よりシリーズ「演奏・展示・お話による音楽会」を高崎で開催。上毛芸術文化賞を受賞。日本演奏連盟主催「演連コンサート」以降、東京でのリサイタルの他、2013年より高崎にて、ドビュッシーのピアノ作品全曲演奏シリーズ「ドビュッシーと音楽散歩」を開始。著書に『キリスト教とともに学ぶ音楽』(聖公会出版)、CD『曼珠沙華〜山田耕筰 ヴァイオリンとピアノのための作品』、『夢の世界/子供の領分』がある。日本演奏連盟会員。新島学園短期大学准教授。ショパン国際コンクールin ASIAなどコンクール審査員も務めている。

Photo:Kamimura Hiroshi






                                                Copyright(C)2009 MAYUMI SAWADA All Rights Reserved.